> 
 > 
性格傾向診断(認知の歪みチェック) 質問

性格傾向診断(認知の歪みチェック)

性格傾向診断(認知の歪みチェック) 質問

性格傾向にはパターンがあります。認知行動療法ではそのパターンを認知の歪みと言います。
認知の歪み自体は誰でも持っていて良い影響を及ぼす事もあれば悪い影響を及ぼす事もあります。
認知の歪みの種類
下記のチェックシートでは、認知の傾向をチェックします。
認知行動療法を行うための「自分と向き合う」時にお役立て下さい。
何かをする時、1つでもミスをしてしまったらその先を行うことが嫌になる。

自分の周りの人は、自分にとって敵か味方にはっきり別れている。

1度でも嘘をついた人を信じる事はできない。

災害を目のあたりにしたら、自分にも起こるのではないかと不安でたまらなくなる。

些細な注意でもすごく落ち込む。

失敗から学ぶ事は少ないと思う。

幸運なことがあっても手放しで喜べない。

物事が上手くいっても自分の悪かった部分を探す。

気を使ったつもりが余計なお世話になっている事が多い。

誰かが笑っていると自分が笑われているような気分になる。

努力が報われないのは、努力が足りないからだと思う。

実力がある人には人柄に関係なく忠実である。

食わず嫌いだ。

怒られると涙が出る。

法律やルールは守る。

恋人から連絡が無いと怒る。

気に入らない所が1つでもあるとその人とは付き合えない。

自分には良い所が無い。

他人の問題でも首を突っ込みたくなる。

仕事仲間がミスをしたときは自分が携わっていなくても落ち込むことが多い。